大分県内、22日夕に暴風域か 台風17号九州接近【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

台風17号の予想進路
台風17号の影響による22日のフェリー欠航を伝える張り紙=21日午後、大分市生石のフェリーさんふらわあ乗り場

 大型で強い台風17号は21日、東シナ海で北上を続けた。22日午後には暴風域を伴って九州に接近後、対馬海峡付近を通過して日本海へ進む見通し。気象庁は西日本を中心に大雨になる恐れがあり、暴風や土砂災害、高潮などに厳重な警戒を呼び掛けた。沖縄県では強風であおられて転倒するなどして19人が負傷し、最大で4万戸が停電した。

 台風17号は21日午後11時現在、東シナ海を時速約20キロで北へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカルで最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。中心の南東側200キロ以内と北西側150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

 台風17号は22日夜に大分県内に最接近する見通し。早い所は同日明け方に風速15メートル以上の強風域、夕方に同25メートル以上の暴風域に入る恐れがある。大分地方気象台は暴風やうねりを伴った高波、土砂災害、河川の増水、激しい突風などに警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、県内は台風の接近で暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる。22日夕方にかけて局地的に雷を伴う激しい雨が降り、落雷や竜巻が発生する可能性がある。海上は同日昼前から大しけとなる所がある。

 22日の1時間予想雨量は多い所で南部70ミリ、中部と西部50ミリ、北部30ミリ。同日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で南部300ミリ、中部250ミリ、西部180ミリ、北部120ミリ。予想される波の高さは南部6メートル、中部5メートル、北部3メートル。

 台風17号の接近で県内の交通機関に影響が出ている。四国、本州と結ぶフェリー各社は22日の全便欠航を決めた。空の便は羽田線、伊丹線、成田線で欠航する便がある。