【プレミアリーグ】シティが前節の鬱憤晴らす8ゴールで記録的勝利! VARに泣いたトッテナムは痛恨の逆転負け

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

プレミアリーグ第6節が現地時間21日に行われ、マンチェスター・シティがホームでワトフォードと対戦。トッテナム・ホットスパーがアウェイで好調レスター・シティとの一戦に臨んだ。

【プレミアリーグ】プレミア3連覇に向け連敗は避けたいシティ… 連勝目指すトッテナムはアウェイでレスターと激突 〜第6節プレビュー〜

前節ノリッジ・シティに惜敗したシティは、鬱憤を晴らすかのようにゴールラッシュを披露する。キックオフから1分も経たない内にダビド・シルバが先制点を奪取すると、7分にはセルヒオ・アグエロが開幕6戦連続となるPK弾をゲット。さらにゴールを積み重ね、プレミア史上最速となる18分までに5得点を挙げる。後半に入ってもゴールショーは止まらず、ベルナルド・シウバがハットトリックを達成。最後はケビン・デ・ブルイネが豪快なシュートを突き刺し、シティが衝撃の8ゴールで記録的大勝を収めた。

シティが衝撃の8ゴールで記録的勝利

レスター相手に多くのゴールを決めてきたハリー・ケインは、29分に倒れながらも右足でネットを揺らし、アウェイで先制点をゲットする。64分にはセルジュ・オーリエが追加点を決めたかに見えたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の結果、ソン・フンミンが直前のプレーで僅かに肩がオフサイドとなっていたためノーゴールの判定に。するとこのプレーが流れが一変し、レスターが逆転に成功してタイムアップ。勝利に手をかけていたトッテナムがまさかの敗戦を喫した。

VARが勝負の分かれ目に