オ5―6ソ(22日)

ソフトBが競り勝つ

©一般社団法人共同通信社

6回ソフトバンク無死一塁、柳田が右中間に適時三塁打を放つ=京セラドーム

 ソフトバンクは明石の先頭打者本塁打、柳田の適時打で一回に2点を先取。4―2の七回にグラシアルの27号2ランで加点した。五回から継投でしのぎ、森が35セーブ目を挙げた。オリックスは七回に1点差としたが及ばなかった。