外国客、道内グルメで乾杯 ラグビーW杯観戦で来札 オータムフェストにぎわう

©株式会社北海道新聞社

ラグビー観戦で訪れた外国人客でにぎわうオータムフェスト=大通公園西7丁目

 札幌市豊平区の札幌ドームで21、22の両日、ラグビーワールドカップ(W杯)の1次リーグ2試合が行われたことで、海外から訪れた観戦客たちが中心市街にも繰り出した。大通公園などで開かれている食の祭典「さっぽろオータムフェスト2019」(実行委員会主催)にも大勢の外国人客が来訪。北海道の食を楽しんでいた。

 オータムフェストは6日から開催中。夜にイングランド―トンガ戦を控えた22日の日中は、外国人客が次々と大通公園を訪れ、ご当地グルメやビールを堪能していた。

 英国から友人と訪れた舞台俳優のクリス・ハドックさん(39)は「とても楽しんでいる。最も気に入った料理はジンギスカン」とビールを片手に話した。オーストラリアから来た会計士のジェマ・オサリバンさん(32)は大通公園5丁目会場で道産豚肉のギョーザを堪能。「肉料理をたくさん食べ、どれもおいしかった」と笑顔。21日はオーストラリア対フィジー戦を札幌ドームで観戦したという。