盛岡大付2年連続の頂点 秋季高校野球県大会

©株式会社岩手日報社

決勝 花巻東-盛岡大付 5回裏盛岡大付2死一塁、渡辺が左越えに本塁打を放ち3-1と勝ち越す。捕手菅=県営

 第72回秋季東北地区高校野球県大会最終日は22日、盛岡市の県営球場で決勝と3位決定戦が行われ、決勝は前回優勝の盛岡大付が花巻東に4-3で競り勝ち、2年連続11度目の頂点に立った。3位決定戦は一関学院が盛岡商に5-2で勝利し、最後の東北切符をつかんだ。

 来春のセンバツ切符を懸けた東北大会は10月11日から6日間、本県の県営球場と花巻球場(花巻市)で開催。第1代表の盛岡大付(2年連続19度目)、第2代表の花巻東(4年連続19度目)、第3代表の一関学院(2年ぶり16度目)が頂点を目指す。組み合わせは10月4日に決まる。