敦賀が中盤猛攻、武生圧倒し8強

©株式会社福井新聞社

秋季北信越地区高校野球福井県大会2回戦・敦賀―武生 六回、左越えに3点本塁打を放ちダイヤモンドを回る敦賀の細川琉羽=9月23日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 秋の北信越地区高校野球福井県大会は9月23日、福井県内2会場で2回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は、敦賀が武生に11―2で七回コールド勝ちし、準々決勝に進んだ。敦賀の秋季県大会8強は6年ぶり。

武生 002 000 0…2 001 208 x…11 敦賀

■武生 山本拓大、畑力紀斗、宇野陸登―内藤也真人 ■敦賀 埜村歩聖―細川琉羽 ▽本塁打 細川琉羽(敦賀)

⇒勝ち上がり表はこちら

 敦賀は2点を追う三回、川端祐希の中越え適時三塁打で1点を返した。四回には1死三塁から細川琉羽の右越え適時三塁打で同点、続く埜村歩聖の中前適時打で3―2と逆転した。

 六回は先頭細川の安打を皮切りに猛攻を仕掛けた。高木風真や山本勇輝の適時打で次々加点。この回2打席目の細川が左越え3点本塁打を放つなど、打者11人6安打で8点を奪い、試合を決めた。

 先発の右腕埜村が7回2失点と試合をつくった。

 武生は三回、2死一、二塁から佐々木善太郎と旭乙瑠の連打で2点をリードした。しかし四回に逆転を許すと、六回に集中打を浴び突き放された。

 ■秋季県大会全試合を打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」の速報サイト「fast」で秋の高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報する。プレー写真も更新し、携帯電話やパソコン、スマートフォンで試合の流れを楽しめる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

 また「Web写真館」では熱戦の様子を掲載する。大量の写真を試合当日にアップ。球児たちの熱闘をとらえた写真の数々を閲覧できる。

⇒「Web写真館」はこちら ⇒あの選手も!福井県内高校出身のプロ野球選手