季節の変わり目!スピーディーにキメるバス釣り夏→秋パターン3選【石田圭吾】

©株式会社 内外出版社

残暑を乗り切った…という感じで肌寒さを感じることもでてきた季節。かと思えば残暑の戻り!?にうんざりするような日も…! 夏〜秋というシーズンの変わり目に、バスにどう対応するのか!? 浜松在住のメガバシスト、石田圭吾さんに季節のハザマバスを獲るためのパターン3強を紹介してもらったぞ! その内容は、秋からバスを始める初心者にもうってつけな、陸っぱりスタイル。上級者は石田パターンをチラ見し、参考にしては?

ダークスリーパー(メガバス)

石田”ダーさん”圭吾

いしだ・けいご/生まれも育ちも静岡県浜松市なメガバスのバス&ナマズ担。ルアーで初めて釣ったサカナは小2でのナマズ! 豊富な実釣経験と柔軟な発想で独創的なゲームを展開する。
石田「前回は夏のナマズゲームを紹介させて頂きましたが、今回はバスの秋に向けた対策をご紹介致します! ナマズ釣りに於けるテクニックなどを取り上げて頂くことが多い私ですが、それ以上にバスは得意と言えますのでご安心を!(笑)」。
実はあの『ダークスリーパー』を作った男こそが、ダーさんなのだ!

メガバス(Megabass)

夏秋パターンその1:オーバーハング

石田です! 令和最初の夏も終わりを迎え、嫌気がさす程のギラギラジメジメな気候も落ち着き始めましたね。秋を感じる朝晩ですが、日中はまだ25℃以上気温が上昇する事もあり、水中は9月下旬まで夏を引きずるでしょう。という事で、暑さ対策を含めスピーディーに釣って行きましょう‼

野池のオーバーハング

低弾道でオーバーハングの下を狙う!

水温は20℃後半と、まだまだ日陰を好む傾向です。木々も青々としている為、葉の密度から一年で最も一級ポイントのシェード濃く、広範囲になるタイミングでもありますが、反面、アプローチコースが最も狭まるタイミングでもあります。
水面付近までオーバーハングしているポイントを攻略する手段として、高比重ワームを低弾道でシェードのなるべく奥に滑り込ませる事が夏同様に重要です! 夏〜秋にザリガニなのどの甲殻類は産卵するので、エサとなるベイトが活性化している今からがクロー系ワームの本領発揮とも言えます。

TKツイスター、バックスライドセッティング!

根がかり回避性能に特化した、TKツイスター[メガバス]

カラーラインナップを一新し2017年にリイシューされたTKツイスター。ボート、陸っぱり問わずオフセットフックを用いたノーシンカーリグはウィードレス性が高く、どのシーンでも重宝されるアイテム! ご存知の方やお使いになられてる方は多いと思いますが、甲殻類を意識する夏〜秋、飛距離が必要な時に信頼出来るルアーです‼

夏秋パターンその2:マットカバー

ヒシのマットカバー

マットカバーは強めタックルと太いラインで接近戦!

この時期になると、一帯を覆い尽くす程に繁茂するフィールドも少なくないかと。ロケーションは最高でも、専用のタックルを持ち合わせていない場合も多々…笑。
ですがこの様な菱(ヒシモ)と呼ばれる水草は茎は細く、インファイト戦なら多少絡まれても簡単に切れるのでMHクラスのバーサタイルロッドでもキャッチできます!
ヒシのマットカバーは、魚体へのダメージを最低限で済ませるために、ラインは最大限太く、必ずキャッチ可能な範囲内で!

ボトルシュリンプ3inch +直リグ7g

秋が深まるほど狙うべしマットカバー!

オーバーハング同様に夏の定番ですが、秋が進む程にマットカバーの釣りは成立し、初冬までチャンス大! 過去には11月の朽ちかけたマットカバーでフロッグゲームが水面炸裂した事も!

11月のフロッグフィッシュ!

水草は8月に最盛期を迎え、ここから徐々にですが枯れ始め、マットカバーが薄くなった部分はバスが水面を割りやすくなる為、綺麗にバイトしやすくなります。
季節感に捉われず、備えあれば憂いなし!

夏秋パターンその3:オープンエリア

堰堤周りのオープンエリア

オープンは岸沿いの回遊バス狙い

秋の代表格と言えばやはり堰堤周りのオープンエリア!
日中の気温が25℃以下に安定してきたら巻きで広範囲を探りたいポイントです。堰堤のようなマンメイドストラクチャーは居着くポイントではないので、やる気のある比較的フレッシュな魚が回遊していたります。

V9[メガバス]での陸っぱりフィッシュ!

オープン最速サーチはスピナーベイトで決まり!

巻きモノ系で釣れる魚も出始めるシーズンでも、先取り感の強いスピナーベイト。ですがスピナーベイトは、これからの季節に広範囲を素早くサーチするのにベストなルアーとなります。
特に秋はポジションを掴むのが難しいので、波動、フラッシングで寄せる力がどのルアーよりも強く仕事が早い!濁りが入ったタイミングや風で水面が波立っているシーンにも使うべきルアーですね!

タックルは強めのF5セレクト!

そして今回使用していたタックルは全て2019年に追加された新機種『スーパーサイクロン』。アルカンセリールとの相性は抜群に良く、究極のバーサタイルスペシャルと言っても過言ではありません。様々なルアーへの適性力は、僕の釣り歴15年間以上の中で出会った最高なタックルバランス。もし釣場に一本だけ持って行くとすれば、迷わずこのタックルをチョイスすることでしょう。

ロッド:デストロイヤーF5-611Xスーパーサイクロン[メガバス] リール:アルカンセHS[ZPI]

簡単とは言えない季節の変わり目ですが、臨機応変、適材適所を見極めれば晩夏、初秋の魚がサクッと結果に繋がるはずなので、是非参考にしてみて下さい!

石田圭吾さんの記事はこちらのURLから

動画にグッズ、アングラーセミナーや釣行会、クーポン券などルアマガ味わい尽くし放題!『ルアマガプライム』はじまりました!