BiSH、初の大阪城ホールワンマンダイジェスト公開! 「1人で上京して東京に大人にしてもらいました」

©有限会社ルーフトップ

大阪出身のメンバー、アイナ・ジ・エンドの長年の夢であり、BiSHにとって初の首都圏以外でのアリーナ公演となったワンマンライブ”And yet BiSH moves.”が本日9月23日、大阪城ホールで開催された。

チケットは立ち見エリア含め全て即日ソールドアウトしており、会場は12,000人の清掃員(BiSHファンの総称)で埋め尽くされた。ライブは前回の幕張メッセ9~11ホールでも映像演出をつとめた山田健人(yahyel)によるオープニング映像からスタート。ステージには巨大LEDモニター3面と2面のモニター、合計5面が設置され、白と赤の衣装を身に纏ったBiSHが登場すると大きな歓声が巻き起こった。

この夏のロックフェスをBiSHと共にパフォーマンスしてきた5人のバンドメンバーによる演奏で1曲目はインディーズ時代のアルバム「FAKE METAL JACKET」収録でセントチヒロ・チッチ作詞による「BUDOKANかもしくはTAMANEGI」からスタート。多数のレーザー、火柱、巨大ミラーボールなどを交え「GiANT KiLLERS」「MONSTERS」「DEADMAN」等アッパーチューンを立て続けに披露。

「SHARR」では、白の衣装から全身真っ赤の衣装への早替え、山田健人によるアシッドなVJが炸裂した「OTNK」「NON TiE-UP」や「stereo future」曲を挟み、毎回恒例コントへ。前回幕張メッセではハシヤスメ自らWACK代表渡辺淳之介に直接交渉を行い、ソロデビューの権利を勝ち取ったコントで、再度ハシヤスメが渡辺淳之介にソロ第2弾を交渉するも結果はNG。

「最近、ハシヤスメと社長、距離あるもんね…」というアイナの呟きから「DiSTANCE」、狂ったようなレーザーとカオスティックな映像と振り付けで攻め立てる「FREEZE DRY THE PASTS」、ステージに11本の紗幕が登場し、幻想的な映像が投射されたドラマティックな「My landscape」を夕方~夜~朝をイメージした連続演出で披露。

終盤では、代表曲「オーケストラ」「プロミスザスター」を連続で披露し、リンリン作詞による「beautifulさ」で本編は終了した。

アンコールでは、チケット即完と同時にアイナのルーツを辿るドキュメントミュージックビデオが公開された最新アルバム「CARROTS and STiCKS」の最終曲「GRUNGE WORLD」が初披露され、そのまま問答無用のアンセム「BiSH-星が瞬く夜に-」を披露し、会場の盛り上がりは最高潮に。

WアンコールのMCで、アイナ・ジ・エンドは「1人で上京して東京に大人にしてもらいました。バカみたいな叶うわけないと思ってた夢も、BiSHっていう仲間と清掃員と一緒に叶えてもらいました。BiSHはこれからも、叶うわけないって言われる夢を叶えて最高を更新していくので、よかったらついて来てください」と語り「ALL YOU NEED is LOVE」を清掃員と共に歌い上げライブは終了した。

BiSH公式Twitterでは、本日のダイジェスト映像が最速で公開となったので是非チェックしてみてはいかがだろうか。 10月5日より全公演バンド編成となる史上最長全国ホールツアーを開催、11月6日にはメジャー6作目となるニューシングルをリリースと加速し続けるBiSHから目が離せない。

M1 BUDOKANかもしくはTAMANEGI
M2 GiANT KiLLERS
M3 MONSTERS
M4 DEADMAN
M5 PAiNT it BLACK
M6 MORE THAN LiKE
M7 HiDE the BLUE
M8 I am me.
M9 SHARR
M10 OTNK
M11 NON TiE-UP
M12 stereo future
M13 FOR HiM
M14 DiSTANCE
M15 FREEZE DRY THE PASTS
M16 My landscape
M17 Nothing.
M18 SMACK baby SMACK
M19 オーケストラ
M20 プロミスザスター
M21 beautifulさ
ENCORE
EC1 GRUNGE WORLD
EC2 BiSH -星が瞬く夜に-
W.ENCORE
W.EC 1 ALL YOU NEED IS LOVE