北海道の小島消失、付近に浅瀬

海保が確認、領海ほぼ現状維持

©一般社団法人共同通信社

北海道猿払村の沖約500メートルにあった「エサンベ鼻北小島」付近=5月

 海上保安庁は24日、浸食で消失すれば日本の領海が狭まる可能性があるとされていた北海道猿払村沖約500メートルの「エサンベ鼻北小島」について、島は消失し、付近に浅瀬を確認したと発表した。同庁は消失しても浅瀬付近に別の離島などがあるため、領海はほぼ現状維持できる見込みとしている。

 同庁などによると、第1管区海上保安本部(小樽)がオホーツク沿岸にある猿払村沖を調査した結果、小島があった付近に島は存在せず、非常に水深が浅い浅瀬があった。

 「島が海面から見えなくなっている」との情報が寄せられ、1管が浸食で消失した可能性があるとして今年5月に実地調査を行っていた。

北海道猿払村の沖約500メートルにあった「エサンベ鼻北小島」付近=5月