各地でリンゴやナシなど落ちる・・・強風による農業被害は6200万円 長野

©株式会社長野放送

きのう23日の強風による長野県内の農業被害は6200万円余りにのぼることが県のまとめでわかりました。北信や中信でリンゴやナシなどが落ちたということです。

(記者リポート)「強風の影響で、県内の一部地域でリンゴ畑に被害が出ています。こちらの木も幹の部分から枝が折れています」

無残に折れたリンゴの枝に。地面に転がる大量のリンゴ。須坂市中島の畑では、収穫目前だった「秋映」およそ400キロが23日の強風で落ちたということです。

県内は23日台風17号から変わった温帯低気圧の影響で、各地で強い風が吹き最大瞬間風速は松本で24.3メートル、長野で16.0メートルを観測していました。

(リンゴ農家)「木の下が(落ちたリンゴで)真っ赤。がっくりだね。去年も今年もだからちょっと考えないと困っちゃう、お金が入らないから」

県によりますと、北信や中信でリンゴやナシなどが落ちる被害があり被害額は、6200万円にのぼるということです。