吉備路マラソン募集要項決定 実行委、20年2月23日に開催

©株式会社山陽新聞社

2020年大会の開催要項を決定したそうじゃ吉備路マラソン実行委員会

 総社市を発着点に開催する「そうじゃ吉備路マラソン」の実行委員会(岡山陸上競技協会、岡山県、総社市、同市教委、山陽新聞社で構成)は24日、同市内で会合を開き、来年2月23日に開催する2020年大会の募集要項を決定した。ハーフマラソン、10キロは、引き続き日本陸上競技連盟の公認大会として実施する。

 フル、ハーフ、10キロ、5キロ、3キロ、ファミリーの1.5キロ、0.8キロの計7種目。定員は前回と同じ計2万5千人。競技は午前9時の10キロから順次スタート、フルの制限時間となる午後3時半に競技が終了する。

 参加料は、4種目で500円アップし、フル6100円、ハーフ5100円、10キロ4100円、5キロ3500円となる。中高生の参加料は据え置く。

 ファミリー以外の5種目は男女、年齢別に5~7部門を設け、それぞれ上位8人を表彰する。

 エントリーは11月1日に開始し、郵便振替は12月31日、インターネットは来年1月10日に締め切る。問い合わせは実行委事務局の市スポーツ振興課(0866―92―8367)。