高級バスツアー「GRANDAYS」 西鉄が公開

波佐見や雲仙など巡る旅を 10月から

©株式会社長崎新聞社

ゆったりと落ち着いた雰囲気の車内=福岡市中央区

 西日本鉄道(福岡市)は10月から開始する九州・山口を巡る高級バスツアー「GRANDAYS(グランデイズ)」で使用する専用バスを報道陣に公開した。
 バスは既存の高速バスを6千万円かけて改装。「ホテルのような空間」をコンセプトに、乗客席を12席に絞って1人当たりのスペースを拡大した。座席には本革を使用したドイツ製シート、収納スペースには大川家具を採用するなど、上質な空間を演出した。
 ツアーは地場企業などと連携して企画し、地域ならではの絶景や食事、体験が楽しめる行程を盛り込む。シニア層を中心とした利用を想定している。
 10月のツアーは、有田焼の窯元や東彼波佐見町の人気スポットを巡り波佐見焼の器で創作料理を味わう日帰り(1人3万7800円)や、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産などを訪れ雲仙温泉に宿泊する2泊3日(同19万8千円)など四つの行程を実施。いずれも福岡県内発着。旅行先や内容は季節に応じて変わる。
 ツアー詳細や申し込み方法はグランデイズのホームページ(https://www.grandays.jp/)。