赤と青の花 5万6000本 あわじ花さじきでサルビアが見頃

©株式会社 サンテレビジョン

淡路市の観光施設「あわじ花さじき」では、色鮮やかなサルビアが見頃を迎え、多くの観光客が訪れています。

淡路市にある「あわじ花さじき」は四季折々の花々が楽しめる淡路島の人気の観光スポットです。

大阪湾や明石海峡などを見渡せるなだらかな丘では現在、サルビアおよそ5万6000本が咲き誇り、赤色のじゅうたんを敷いたように一面に赤いサルビアの花が広がっています。

た、鮮やかな青色のサルビアも見頃を迎えていて、訪れた人たちが香りを楽しみながらゆっくりと園内を散策して美しい景色を楽しんでいました。

あわじ花さじきのサルビアは10月下旬まで楽しめるということです。