東日本以南 2年連続で暖冬か 冬の天候の見通し

©株式会社ウェザーマップ

冬(12月~2月)の平均気温。左から、低い:平年並み:高いの各確率。出典=気象庁HP

 気象庁は25日、冬(12~2月)の天候の見通しを発表した。冬の気温は、寒気の南下が弱いため、全国的に平年並みか高い見込み。
 
 冬(12~2月)は、上空の偏西風が日本付近では、平年より北を流れると予想され、全国的に寒気の南下は弱い見通し。冬型の気圧配置が長続きしないため、冬の降水量は北・東日本日本海側で平年並みか少ないと予想される。冬の降雪量も、北・東・西日本日本海側で、平年並みか少なくなりそうだ。

 なお、昨冬(2018年12月~2019年2月)は、東日本以南の各地は寒気の南下が弱く、沖縄・奄美は冬の平均気温が平年差+1.8℃と記録的高温だった。