Snow Man・深澤辰哉が古川雄輝におねだり!「ご飯連れて行って!」

©株式会社東京ニュース通信社

WOWOWプライムで10月6日スタートのオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」(日曜午後10:30)の舞台あいさつ付き試写会に主演の古川雄輝、共演のSUMIRE、池田鉄洋が参加した。

同作は作家・麻見和史氏によるミステリー小説をWOWOWが連続ドラマ化した「殺人分析班」シリーズのスピンオフで、2015年の「石の繭」、2016年の「水晶の鼓動」として放送されたシリーズ2作で鮮烈な印象を残した殺人犯トレミーを主人公にしたオリジナルストーリーとなっている。

トレミー(八木沼雅人/野木直哉)役の古川は「この作品は完全オリジナルで原作がありません。それに『石の繭』でも、彼が一体何をしてトレミーになったのかは描かれていないので、今回のドラマで初めて明かされます」と紹介。過去に2度演じた役柄だが「トレミーになる前の彼がどんな精神状態だったのか、普段の野木がどんな人物なのかを演じる難しさがありました。でも『水晶の鼓動』でトレミーが一瞬和らぐ瞬間があり、その一瞬が『悪の波動』のトレミーの通常の状態だと思って、過去2作を改めて見て研究しながら役作りをしていきました」とこだわりを明かした。

ヒロイン・浅田吉佳役のSUMIREはドラマ初出演となるが「普段の私と近しいものがあったので、気持ちがもっていきやすかった」と役柄に共感を寄せて「演技も勉強中の日々ですが、シーンに入るごとに監督が丁寧に説明してくれて、とてもやりやすい現場でした」と感謝。捜査一課の刑事・井口智一役の池田は「監督の演技指導が熱くて、その熱が憑依してきて役柄を作り上げてもらった気がする。自分史上最もカッコいい役なので、これを機に第二のブレークが来ると思っております」と予言していた。

この日の登壇はかなわなかったが、刑事の矢島啓介役を演じたSnow Man/ジャニーズJr.の深澤辰哉から「緊張したけれど、撮影が始まると皆さんが優しく話しかけてくれて撮影現場に行くのが楽しみになりました。そして…ご飯に連れて行ってください!」とのメッセージが届いた。これに古川は「撮影中はご飯に行けなかったので、行きたいと思います!」と笑顔を浮かべて「深澤くんは洋服が好きで、僕とセンスが同じ。衣装部屋で着替えていたら、『その服がほしい!』と次の日に同じメーカーの服を買いに行っていました」と回想。SUMIREも「アクセサリーを現場に付けていったら、『どこで買ったんですか?』と興味を示してくれた」とファッション面での交流を思い出していた。