40代がそのまま取り入れると危険な若者のトレンドとは!?

©株式会社オールアバウト

今は20代も40代も同じショップに行くことも珍しくない時代。ですが、若い子には似合うのに、40代には危険なトレンドもなかには存在しています。

ずばり40代がそのまま取り入れると危険な若者トレンドとは

今は20代も40代も同じショップに行くことも珍しくない時代。当然似たようなものに手を伸ばしがちですが、なかには40代が手を出すと危険な若い子向けのトレンドも存在します。

ここではこのシーズン気を付けたい若い子向けのトレンドと、それを大人っぽく取り入れる方法についてお伝えします!

Tシャツ型ワンピはパジャマに見えてしまうことも

スカートを重ねるなどしてアクセントを作ると、ゆるめのスタイルでも◎ 出典:WEAR

Tシャツやノースリーブをそのままロング丈にしたようなワンピースは春夏の流行アイテムでしたよね。その流れでこの秋も、裾にスリット入りのロングTシャツワンピースやスウェットワンピなどが出ています。

20代の女性にはこのワンピースを一枚で着て、キャップを合わせたり、スニーカーやフラットシューズを合わせる、ゆるっとした雰囲気のコーデがトレンドです。

ただ、着心地が楽チンな分、大人が着るとルーズにだらしなく見えることもありますので、一枚で着るのは要注意! ワンピースの裾から重ねばきしたスカートやデニム、レギンスなどを見せたり、ピアスやネックレスなど顔まわりのアクセサリーでバランスを取ると、部屋着っぽく見えてしまうのを防げます。

トレンドのかぶるパーカーもラフに着るのは避けて

プリーツスカートなど反対の要素のアイテムを合わせるとおしゃれに 出典:WEAR

今年の秋冬はカジュアルアイテムの中でも、かぶるタイプのパーカーが人気です。オーバーサイズもトレンドなので、ゆったりしたサイズ感のパーカーや、トレンドのブラウンやベージュなどで仕上げたパーカーも多いです。

ですが、ここにデニムなど普通のパンツ&スニーカーを合わせるコーデの場合、若い子ならスポーティーなカジュアルファッションに見えますが、40代で、さらにヘアメイクなども普通だった場合、楽チンな手抜きコーデに見えてしまう危険も。

かぶるタイプのパーカーを大人が着るのなら、アイテム選びや色・柄で調整するなど、シックに着るのがコツ。アラフォー女性の鉄板ボトムス、プリーツスカートなどは相性もよく、おすすめです。

流行のブラウンコーデは間違えるとほっこりしやすい

トップスはウエストインするなど着こなしにメリハリをつけるがおすすめ 出典:WEAR

この秋、一大トレンドカラーなのは断然「ブラウン」。スウェットからニット、ツヤ素材までブラウンが大人気ですが、アースカラーでもある茶色は、もともとほっこりしがちな色。

上下ともにゆるいサイズ感のコーデだったり、抜け感がないコーデだったりすると、途端にほっこり、野暮ったく見えてしまうことも。

ブラウンを着る場合はメリハリをつけて、どこかに必ず抜け感をプラスしてみてください。さらに、例えばブラウンのワントーンコーデをするときなどは、サテンのつや素材とニットのモコモコ素材など違う素材を組み合わせると、コーデに奥行きが生まれ、大人っぽくまとまります。

秋冬のチェック柄を学生風に着るのはNG

ほっこりしそうなチェックにはオフホワイトを合わせるとすっきり見える 出典:WEAR

「ネルシャツ」のようなフランネル生地のチェックシャツも今年、流行中ですよね。デニムなどに普通に羽織る方も多いですが、足元にスニーカーなどを合わせてしまうと10代の男子学生のネルシャツコーデのように見えてしまうかも……。

大人の女性が着る場合は、まず足元は抜け感がありつつ大人っぽいシューズを選択。チェックの色自体も秋っぽい落ち着いたカラーが多いので、ホワイトやきれい色など明るい色を足して、全体をさわやかに、きれいめにまとめるよう意識すると、大人っぽくリラックス感のある着こなしに。

ヒョウ柄を洋服で取り入れると難しいことも

バッグやシューズの小物で取り入れるのが使い回しもきいてベスト 出典:WEAR

ヒョウ柄が好き、という女性は意外と多いのではないでしょうか。今年もトレンドアイテムとしてランクインしていますが、若い子と同じようにブラウスや長め丈のスカートなどの洋服で取り入れてしまうと、ヒョウ柄が目立ちすぎで馴染まなかったり、若作りに見えてしまうことも……。

アラフォー世代の女性が取り入れるなら、やっぱり小物がおすすめ。流行り廃りもあまりないので長い期間使えてコスパもいいですし、シンプルコーデのポイントにもぴったりです。

トレンドは同じでも、取り入れ方ひとつでかなり印象が変わります。ぜひトライしてみてくださいね!

(文:All About 編集部)