前モデルより画面が大きくなった「iPad」第7世代モデル

©株式会社ジェイ・キャスト

アップルは、タブレット「iPad」第7世代モデルを2019年9月30日から順次発売する。

「iPadOS」を搭載、Apple PencilやSmart Keyboardにも対応

「Apple Pencil(第1世代)」&「Smart Keyboard」対応

前モデルよりサイズアップした10.2型(2160×1620ドット)「Retina」ディスプレーを搭載。別売のスタイラスペン「Apple Pencil(第1世代)」、「Smart Keyboard」に対応する。

OSはiPadシリーズ向けに最適化された「iPadOS」をプレインストール。プロセッサーは「A10 Fusion」を搭載。背面カメラは800万画素、前面の「FaceTime HDカメラ」は120万画素。

指紋認証「Touch ID」対応。リチウムポリマーバッテリーを内蔵し、最大10時間のインターネット利用やビデオ、音楽再生が楽しめる。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。

カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色。

ラインアップは、ストレージ容量32GBのWi-Fiモデルが3万4800円、Wi-Fi+Cellularモデルが4万9800円。128GBのWi-Fiモデルが4万4800円、Wi-Fi+Cellularモデルが5万9800円(全て税別)。<J-CASTトレンド>