米国の24歳柔道選手が死去

今夏の世界選手権に出場

©一般社団法人共同通信社

 国際柔道連盟(IJF)は25日、男子81キロ級のジャック・ハットン(米国)が死去したと発表した。24歳だった。死因は明らかにされていない。

 ハットンは今夏の世界選手権東京大会に出場。昨年4月にトルコで行われたグランプリ大会では2位に入った。(共同)