プジョル氏、バルサからSDオファーも拒否する…

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

現役時代バルセロナに所属しスペイン代表としてプレーしたカルレス・プジョル氏が同クラブからスポーツディレクター(SD)就任のオファーを受けたものの、断ったことを明かした。25日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

2014年に現役引退したプジョル氏は一度はバルセロナのフロント入りを果たしたが、2015年に代理人に転身するなどフットボール界に携わってきた。そんなプジョル氏は同クラブからSDとしてオファーを受けたが「個人的なプロジェクト」を理由に断っていたようだ。

プジョル氏は自身のTwitterで「いつかホーム(バルセロナ)に戻りたいと考えていたからこの決断は簡単ではなかった」とコメント。続けてオファーを断った理由について「今私には個人的なプロジェクトがある。今バルサに行けば立ち回りが難しくなる」と明かしている。

またプジョル氏は「このような大きな責任のある立場を与えようとしてくれたクラブには感謝したい」と古巣に感謝する言葉も残している。