田中みな実&弘中綾香が“あざとい女”を徹底追及!! “あざテク”に山里亮太は絶叫!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系では9月27日に「あざとくて何が悪いの?」(午後11:15)を放送。フリーアナウンサーの田中みな実とテレビ朝日・弘中綾香アナウンサーが初対面&初共演で驚きの“あざといテク”を南海キャンディーズ・山里亮太に披露する。

同番組は、事前に取られた「良くも悪くも“あざとい”と思ったor思われた言動」についてのアンケートをもとに、その実例を凝縮した再現VTRをスタジオMCがチェック。「これはあざとい!」と思った瞬間にすかさず手元の「あざといボタン」を押して徹底的に取り締まるバラエティー番組。同じ女だからこそ分かる“あざとい女”のちょっとした仕草や言動を、“あざとい界の二大巨頭”とも呼ばれる田中、弘中アナが分析していく。

2人のチェックする様子に山里は「“あざとい”を見つけてからボタンを押すまでのスピードが百人一首の全国大会…!!」と驚愕(きょうがく)。しかし、その中には「(これは私も)やっちゃってる」と田中が思わず自身の“あざとさ”を認めてしまうテクニックも。そこで、田中が私生活で男性を落とすために実践しているというとっておきの“あざといテクニック”をスタジオで山里相手に披露すると、思わず山里が「田中みな実すげぇええええ!」と絶叫。その驚きのテクニックとは?

収録を終えた田中は「“あざとい女子“って、同性からするとちょっとモヤっとする存在なのかもしれません。そんな女子の振る舞いに、あざとい女子アナの代表格、弘中アナと私が物申す!? 思いっきり自由に収録を楽しめたのは、たき付け上手な山里さんのおかげです。『私はあざとくないです!』と頬を膨らませて言い張る弘中ちゃんの天性のあざとさに感服!(笑)」と弘中アナの“あざとい女子”ぶりに舌を巻いた。

弘中アナも「山里亮太さん、田中みな実さん、お二人とも初対面でしたし、この座組みで何が話され、何を言われるのだろうと、かなり不安に思いました。しかしふたを開けてみると、腹の底の底で通じ合うものがあるのか、トークが盛り上がること盛り上がること。私の心配も杞憂(きゆう)に終わり、かなり見応えのある番組に仕上がったと思います! 第2弾を切に願います!」と収録を大いに楽しみ、その内容に自信をのぞかせた。