水原希子、好きな男性への態度は「恋するとニャンになる」

©株式会社光文社

水原希子が、9月23日放送の『密会レストラン』(NHK総合)で過去の恋愛話を語った。

水原は好きな男性への態度を聞かれると「ニャンですよ~。恋をするとニャンになるんです」とデレデレになることを明かす。

そんな水原が交際していた彼の家に遊びに行くと、彼の顔にラメがたくさん付着していた。女性の化粧品が肌に付いたと思われ、鏡の前まで連れていって問い詰めると、彼ははぐらかす。だが、ついに「ごめんなさい。キスだけしました」と浮気を白状。そのとき、水原はすぐに別れることはなかったという。

その「ラメ男」の特徴として「おならが臭くない」と明かす。交際前にラメ男がいきなり大きなオナラをしたが、まったく臭くなく「食に気をつけていて、野菜を中心とした食生活をしている人だった」と真顔で告白。

その話に「何をマジメにそんな話をしてるんだ!」と、平成ノブシコブシの吉村崇がツッコんで、スタジオは、笑いに包まれていた。
だが、結局ラメ男とは、別れてしまったという。

水原は2017年2月23日発売の雑誌『GINGER』4月号でも、過去の恋愛話を披露。

彼に不満があったが、関係が壊れそうになると、彼は「いつか結婚しよう」と言ってきた。「最初はうれしくて私も結婚したい」と思ったが、一向に問題が解決せず、「甘い言葉は、私をつなぎとめるだけの餌のようにも感じられた」と破局を迎えたという。

結婚に対しては「子どもが生まれるときは考えなきゃだけど、男女関係は契約しなくても、愛情でつながっているのが理想」と語っていた。

恋愛の経験値を積んで、よき伴侶にめぐり会って幸せになってもらいたい。