震災からの復興と岩手県の魅力を伝えるポスター展 東京スカイツリーで、ラグビーW杯に合わせ開催

©株式会社共同通信社

岩手県は、東日本大震災からの復興に向けて取り組む人々を紹介するポスター展を10月4~10日、東京スカイツリー(東京都墨田区)で行う。国内外から多くの観光客が訪れるラグビー・ワールドカップ(W杯)に合わせた。

会場では、試合が行われる釜石市をはじめとする沿岸地域の復興の取り組みを、パネルやポスター、動画などで紹介するほか、いわて応援ポケモン「イシツブテ」とコラボした三陸鉄道ラッピング列車の顔出しパネルや、駅員の制服を着て写真撮影ができるコーナーも設けられる。

岩手県沿岸13市町村に設置されている「イシツブテ」や「いわタイプのポケモン」がデザインされたマンホールの実寸大パネルも展示される。