5年目は「さっぱり、だから美味しい」 青天の霹靂キャッチフレーズ

©株式会社東奥日報社

青天の霹靂をPRするテレビCMの1コマ。旅行中、電車で手作りの弁当を食べる夫婦を描いている(県提供)

 青森県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」の2019年産新米をPRするテレビCMが完成し、CMを制作した県は26日、県内で霹靂発売日の10月5日、首都圏や関西圏では同20日から放送されると発表した。

 19年産霹靂のキャッチフレーズは「さっぱり、だから美味(おい)しい。青森お米 青天の霹靂」。CMは「朝の食卓」「野球場」「街の食堂」など全4編で各15秒。さっぱりした味わいでどんなおかずや料理にも合う霹靂の特長を周知するため日常のさまざまなシーンで霹靂が食べられる様子を描いている。「電車編」では、旅行中の夫婦が霹靂のおにぎりが入った手作り弁当を食べる姿を表現した。霹靂が市場デビューして以来、CMの制作は5年目。10月1日から半年間は東京・渋谷駅前の大型ビジョンでも放映される。

 県総合販売戦略課の齋藤直樹課長は「CMで霹靂のファンに新米の発売を伝えつつ、県外の人に『さっぱりイコールおいしい』を浸透させたい。CMを見て霹靂を買ってもらい、さっぱりさを実感してもらえたら」と話した。