まもなく台風18号発生

来週前半は沖縄~西日本に接近の可能性も

©株式会社ウェザーマップ

 フィリピンの東にある熱帯低気圧は、今後、台風に発達する見込みだ。

 その後の台風の進路や発達の程度によっては、30日(月)から10月2日(水)頃にかけて、沖縄・奄美や西日本を中心に大荒れや大しけとなるおそれがあるため、注意が必要となる。

27日(金)正午の熱帯低気圧情報。今後24時間以内に台風まで発達する見込み

 熱帯低気圧はきょう27日(金)正午にはフィリピンの東にあって、1時間におよそ35キロの速さで西へ進んでいる。

 中心の気圧は1008ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

 熱帯低気圧はフィリピンの東を発達しながら西北西へ進み、今後24時間以内に台風となる見通し。

 その後、次第に北寄りに進路を変えて、沖縄・奄美には30日から10月2日頃にかけて、西日本には10月2日頃に接近する可能性がある。

週間天気予報

 熱帯低気圧から変わる台風の接近により、沖縄・奄美では30日から10月2日にかけて大しけとなる見込み。

 台風の進路や発達の程度によっては、沖縄・奄美では大荒れとなるおそれがあり、西日本でも、10月1日から2日頃にかけては大荒れや大しけとなるおそれがある。

 今後の情報に注意が必要だ。