MCUに続き、今度はスター・ウォーズも手掛ける?ケヴィン・ファイギ

©株式会社近代映画社

「アベンジャーズ」シリーズを製作してきたマーベル社長ケヴィン・ファイギが、新たな「スター・ウォーズ」映画を手がけると「ハリウッド・リポーター」が報じた。

本年の夏の終わりに、ファイギとルーカスフィルム社長キャスリーン・ケネディー、ウォルト・ディズニー・スタジオ会長アラン・ホーンがミーティングをしたとのこと。ホーン会長は、この企画にファイギが関わるのは、彼が「スター・ウォーズ」の大ファンだからだと語っている。製作時期や内容は未発表。
ちなみに現在、新たな「スター・ウォーズ」企画は、他にも2つ進行中。TV「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリエイターコンビ、デーヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスによる企画と、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンによる企画が進んでいる。