田中圭&吉田鋼太郎の「おっさんずラブ」新章! 千葉雄大&戸次重幸が参戦しラブバトル!!

©株式会社東京ニュース通信社

モテないサラリーマン・春田創一を巡って繰り広げられる、おっさん同士の恋模様を描いて、2018年の流行語大賞トップ10入り、東京ドラマアウォード作品賞グランプリなど、社会現象を巻き起こしたドラマ「おっさんずラブ」の新シリーズ「おっさんずラブ-in the sky-」が、11月2日(土曜午後11:15)からテレビ朝日系でスタートする。物語の舞台は大地から空へ。主演・田中圭、ヒロイン・吉田鋼太郎の最強タッグで“王道恋愛ドラマ”を繰り広げる。

物語は、主人公・春田創一(田中)が35歳にして突然のリストラにあい、転職した航空会社を舞台に展開する。春田は、新人CA(客室乗務員)として働くことになり、これまでイマイチさえない人生を送ってきた彼に機長、副操縦士、整備士など、なぜか“男性”にモテまくるモテ期が到来。そこから数々の出来事に巻き込まれていく。

一方、吉田鋼太郎演じる機長・黒澤武蔵は、“グレートキャプテン”の異名をとる技術・人柄ともに優れたパイロット。各所からの信頼も厚く、春田にとっても憧れの存在だ。仕事には厳しく、初日から遅刻してきた春田をフライトから外すなど、後輩への指導にも熱心。そんな黒澤だったが、一生懸命お客さまのために奔走する春田とフライトを重ねるうちに、少しずつ彼を認めるようになり、気がつけばいつの間にか抑えきれない感情が……!

新たなシリーズのスタートに田中は、「僕自身は実はまだ迷っていて…。というのも、春田というキャラクターは印象が結構強いので、前と同じことをやってもつまらないと思いつつ、わざと変えるっていうのも違うよなって思っています。でも、設定も違えば相手も違うので、同じことをやろうとしても自然と変わるだろうとは思っていますが…きっとクランクイン当日もまだ悩んでいると思います(笑)」と考え込む面も多い様子。

そして今回、新たにラブバトルに参戦するのは、千葉雄大と戸次重幸。千葉が演じるのは、黒澤とペアを組む副操縦士の成瀬竜。操作技術に長けた優秀な若手だが、ドライで人付き合いが悪く、自分にも他人にも厳しめ。言葉を選ばないため各所で問題を起こしてしまうというクセのある人物。一方、戸次が演じるのは、熱血でストイックな職人肌の整備士・四宮要。社員寮では春田の隣の部屋に住んでおり、“男の料理”で春田の胃袋を満たしてあげる心優しき兄貴分だ。春田、成瀬、四宮の3人が、同じ寮に暮らしているという、まさに“おっさんテラスハウス”状態が新たなドラマを生む!?

今回の役どころについて、千葉は「プロデューサーさんとお会いして、僕の性格などについてもかなりお話したんですが、台本を見たらそれが反映されている部分があったんです。人付き合いが苦手なところとか、一途というか一生懸命なところが、これからどういうふうになっていくのかは自分でも楽しみではあります」と述べ、「でもどうやら“誰とでもキスする”キャラクターのようですが…(笑)、気持ちの面で、誰にどう僕が演じる成瀬のベクトルが向いていくのかを楽しみにしていただきたいなと思います」と意気込みを語った。

そして、「最初お話をいただいた時は『私でよろしいんでしょうか?』と感じた」という戸次。「おっさんであることしか自信をもってこの作品に臨めるところがないです(笑)。混じりっけのない、今年46歳の立派なおっさんなので、そこだけは自信があるんですけど(笑)。あと、とてもアドリブが多い現場だということを知ったので…プレッシャーです! 鋼太郎さん発信ということで、なおプレッシャーです(笑)! でも、ただ気負っていてもいい作品にはならないと思いますので、頑張ります」と意欲をのぞかせた。

新たな共演者たちについて、田中は「新しく戸次さんと雄大が入ってきてくれたことは、素直にうれしいです。“鋼太郎さんがめちゃくちゃやる”特殊なおっさんずラブの現場を、早く体感して早く慣れていただければいいなぁって思います(笑)」と歓迎。さらに「今は、新しいプロジェクトとして始まるこの作品を、少しずつ少しずつ自分の体の中に入れていってる段階ですが、衣装合わせで雄大と戸次さんに会ってみたら、自分でもびっくりするくらい不安がなさ過ぎて!『あぁこれは大丈夫だ』と思いました。もう鋼太郎さんが機長の格好をして歩いているのを見ただけで、なんか…爆笑しちゃいました(笑)」と今から撮影が楽しみなことを明かした。

そして、本作を「寅さんのような作品に」と願ってきた吉田は、今回の新シリーズについて「たくさん評価をいただいて喜んでいただいている作品なので、もっと面白いものにしなきゃならないって気負いはあるんですけれども…圭と共に、とにかく“おっさんずラブ魂”で肩の力を抜いて楽しくやろうよ、と言っています」と自然体で臨む。「僕らは本当に演じながら楽しんでいるところがあって、それが皆さまに伝わっているという部分もあると思うんです。だから、僕と圭が楽しんでいるのを、千葉くんと戸次にも感染させて、もっともっと大きな楽しい塊にして、皆さまに見ていただきたいなと思います。ちなみに戸次とは付き合いが長くて、共演もいっぱいしているので、彼は僕のアドリブにも怯えていないと思います(笑)」と楽しみながら演じていくと述べた。

そして、「今回のおっさんずラブは、同じ人たちが別の世界に住んでいるというか…パラレルワールドっていうのかな。早く新しい世界に飛び込んで、浸ってみたいなとワクワクしています。僕としての目標は、前作にも増して真剣に春田を愛すること、それ一本でやっていこうと思っています。春田への愛の深さを増したいと思います。とはいえ、もはや僕としてはフラれているほうが快感なんですよね(笑)。武蔵の愛が成就する…ことはないような気が、僕としてはするんですが(笑)」と締めくくった。