五輪チケ、不正IDで大量購入

6900枚、1億8千万円相当

©一般社団法人共同通信社

完成間近となった新国立競技場。東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる=25日

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は27日、5月に行った五輪チケットの1次抽選販売で、虚偽の個人情報を使ってIDが約3万件不正に取得され、うち約1200件でチケットが当選して約6900枚が購入されたと発表した。価格は総額で約1億8千万円に上るという。規約違反のため無効化し、払い戻しはしない方針。

 組織委は、ある特定のグループが組織的に行ったとみており、既に警視庁に相談している。海外からアクセスされた可能性を示す状況もあるが、断定はできないという。

 今後はまず1200件を詳細に調べ、不正を最終的に確認した上で無効化の手続きを取る。