昇格組のグラナダ、2019-20新ユニフォーム登場!史上初「NIKE」を着用

©株式会社コリー

3シーズンぶりにラ・リーガ1部を戦うグラナダ。6試合を消化時点で暫定4位と、昇格組ながらここまでは好調を維持している。

グラナダはこれまでErreaやJomaといった中規模のサプライヤーをパートナーとしてきたが、今季は初めてメガ企業Nikeとのテクニカルスポンサー契約が実現している。

Granada CF 2019-20 Nike Home

今シーズンはクラブ史上初めて右胸にスウッシュ(Nikeロゴ)を付けて戦う。キットデザインは定番のレッド/ホワイトの水平ストライプだが、そこにブルーもさり気なくあしらう。胸スポンサーはオンラインブックメーカーの「WINAMAX」。

背面は腰部分のみに水平ストライプを走らせる。現在のチームカラーはレッドとホワイトだが、元々はブルーとホワイトの垂直ストライプでスタート。1970年代に入り、現在のカラーとデザインに変更となっている。

パンツはブルー、ソックスはホワイトを基調。かつてのチームカラーの組み合せが基本スタイルとなる。

なおアウェイゲームでは、対戦相手によってパンツとソックスの色を変更する。