新旧の個性豊かなお店が集まる街、西荻窪を巡ってみよう

©株式会社サンケイリビング新聞社

編集部が東京の街を散歩する「TOKYO SNAP」。今回は、新旧で個性豊かな飲食店が集まっている西荻窪を巡りました。

週末おでかけしたいこの街vol.15 西荻窪 店内で食べて、お土産も 通いたくなる洋菓子店

70周年のフランス料理店 レトロな雰囲気にほっこり

1949年創業、洋菓子とフランス料理の同店は駅のホームから見えるほどの駅近。洋菓子コーナーで販売されているケーキは、どこか懐かしく、優しい気持ちになれる味です。2階の喫茶室では、日替わりのケーキと飲み物が付く「本日のケーキセット」(702円)。

ふんわりスポンジの「ショートケーキ」(356円)、ラム酒がたっぷりしみ込んだ「サバラン」(259円)は不動の人気

アンティーク調のおしゃれな缶に入ったクッキー(小・2430円)。袋、包装紙、ゴールドのリボンなど、すべてがいとおしい

こけし屋

杉並区西荻南3-14-6 本館 9:00~21:00、喫茶9:00~17:30(L.O.17:00)火曜休み(祝日を除く) http://www.kokeshiya.com/

目の前で仕上がる 皿盛りデザートにうっとり

パティシエが目の前でデザートを作ってくれるパティスリー。カウンター席に座り、デザートが出来上がる様子を見ているのも楽しい。定番はグランマルニエをフランベして仕上げる「クレープシュゼット」。ほかにも、季節ごとに変わるグラスパフェ、パンケーキなどが味わえます。

オーナーシェフの原島未希さんは、西荻窪の雰囲気が気に入って、2年前に同店をオープン

[左]ショーケースに並ぶ華やかなケーキ。焼き菓子の種類も豊富 [右]目の前で作りあげられる「クレープシュゼット」(900円)。モチモチのクレープに、オレンジ風味が効いた熱々のカラメルオレンジソースとバニラアイスを

パティスリーロータス

杉並区松庵3-37-23、シマビル1階 10:00 ~ 20:00 ※デザートは13:00~18:00 不定休 https://www.patisserie-lotus0803.com/