「奇跡なんかじゃない!」逆転トライの福岡選手、ラグビー日本の歴史的勝利を報告

©BuzzFeed Japan株式会社

ラグビーW杯は9月28日、日本(世界9位)が優勝候補の強豪アイルランド(世界2位)に歴史的勝利をおさめた。

ロシア戦に続く連勝で、日本は予選A組のトップに。念願の1次リーグ突破に大きく近づいた。

日本は前半、12-9と3点を追いかける形で折り返すと後半、途中出場した福岡堅樹選手が逆転トライ。その後も日本はリードを広げた。

Kaz Photography / Getty Images

そしてノーサイドのホイッスル。結果は19-12。

強豪アイルランドを相手に7点差での勝利は、まさに「静岡の歓喜」となった。

NHKの中継で実況を担当したのは、奇しくも4年前のラグビーW杯で南アフリカ戦の実況を担当した豊原謙二郎アナウンサーだった。

豊原アナウンサーは、試合終了の直後「2度目のジャイアントキリング!もうこれは奇跡とは言わせない!」と興奮気味に勝利を伝えた。

日本のラグビーの歴史に新たな1ページを刻んだ選手たちも、Twitterで心境を報告している。

稲垣啓太「歴史への第一歩」

福岡堅樹「奇跡なんかじゃない!」

姫野和樹「全てを犠牲にして積み上げてきた」

徳永義勇「最高でした!!」

レメキ・ロマノ「この思い出は永遠だ!」

ヴィンピー・ファンデルヴァルト「応援ありがとう!」

中村亮士「スタジアムの雰囲気最高でした!」

山中亮平「次も頑張ります!」

松島幸太朗「おやすみなさい(*´∀`)b」

アイルランド戦の勝利の結果、日本は過去最高となる世界ランキング8位に浮上した。次戦は10月5日。サモアと対戦する。