ポケベル、半世紀のサービスに幕

携帯電話に取って代わられる

©一般社団法人共同通信社

NTTドコモのポケベル(同社提供)

 3470(さよなら)ポケベル―。「ポケットベル」の愛称で親しまれ、1990年代にブームとなった無線呼び出しサービスを、全国で唯一展開していた東京テレメッセージ(東京)が9月30日にサービスを終了する。半世紀にわたり続いたが、携帯電話に取って代わられ、通信手段としての役目を終えた。

 東京テレメッセージは9月30日深夜から10月1日にかけてポケベル用の電波を順次止める。

 ポケベルのサービスは、固定電話から特定の番号に電話すると、小型受信機の呼び出し音が鳴る仕組み。日本電信電話公社(現NTT)が1968年にサービスを開始した。