Suicaで電車に乗るだけでポイント還元、モバイルの方が高還元率のワケ

©株式会社BCN

10月1日から、Suicaで東日本旅客鉄道(JR東日本)の電車を利用すると、運賃の最大2%がJRE POINTで還元されるキャンペーンが始まる。還元率は、モバイルSuicaが2%で、物理カードが0.5%。消費税率の引き上げにともない運賃が2%ほど値上がりするので、少しでも増税の影響を抑えたいなら、ぜひ活用したい制度だ。疑問なのは、なぜモバイルSuicaの方が優遇されているのか。JR東日本に問い合わせてみた。

JR東日本は10月1日からSuicaの鉄道利用でJRE ポイントを還元するキャンペーンを開始する

結論から言えば、モバイルSuicaを優遇する理由は「モバイルSuicaの普及促進を狙っているから」。JR東日本の広報担当者は、「モバイルSuicaは、窓口や発券機に並ぶことなく、手元でチャージや定期券の購入などが可能。利便性の高いモバイルSuicaをより多くの方に利用していただきたい」とコメントする。

定期券はモバイルSuicaが2%還元される一方で、カードタイプは対象外になっている。こちらも「よりシームレスにストレスなく利用できるモバイルSuicaを強く勧め、体験していただきたいから」としている。キャンペーンの期限は、「今のところ設けていない」そうだ。

カードタイプからモバイルSuicaに乗り換えるユーザーが増えると、JR東日本側にもメリットがある。ユーザーが窓口や発券機まで行く必要が無くなるので、窓口や券売機の混雑緩和が期待できるのだ。現在、カードタイプとモバイルSuicaの比率は9:1だが、モバイルSuicaが増えれば券売機の行列は短くなるだろう。

モバイルSuicaが普及したら次の段階として、改札で発生する「残高不足による立ち往生」を防ぐ施策が打てそうだ。「オートチャージを設定したら●%還元!」などのキャンペーンを大々的に打てば、設定する人が増えるかもしれない。改札がさらにスムーズに流れるようになれば、ユーザーの利便性向上や駅員の業務効率アップにつながるはずだ。(BCN・南雲 亮平)