美人3姉妹のちょっとオトナなお悩みがセキララに!?

©株式会社リグネ

美人3姉妹のセキララで、少しリアルでえっちな悩みがテーマの『ガールズノート』。3人がそれぞれ自分の悩みのことで奮闘しているシーンが描かれています。3姉妹がOL、20代、学生と異なっており、「その年代だからこそ、悩んでしまいそう」と共感できるシーンもあるかもしれません。

この作品は、下のボタンのアプリから読むことができます!

『ガールズノート』のあらすじを紹介!

『ガールズノート』の主人公は、美人3姉妹。

長女は、ありきたりな日常から、妄想してひとりHのお供にしちゃうOLのサユリ。特に今は同僚のある男性が気になっています。

次女は、スタイルバツグンで男性から人気を集めるものの、今まで付き合ったことないゲームセンターの店員、スミレ。大きな胸を「もまれるより揉みたい」という願望を持っています。

そして、三女は学生のさつき。同年代と比べても幼くあどけない印象ですが、実は30代の会社員の男性と付き合っています。「子供っぽく見られたくない」という想いから、オトナな背伸びをしますが、いつも空回り。

3人の考えは、三者三葉。ちょっとエッチで赤裸々な悩みが描かれます。

『ガールズノート』の魅力1:個性的な三姉妹

『ガールズノート』は、3姉妹それぞれの日常が描かれています。彼女たちの悩みがエッチなだけでなく、何だかリアルで、女性なら共感、男性なら見てはいけないものを見ているようで余計にドキドキしてしまうかもしれません。

3姉妹とも、性に関してそれぞれの考えを持っています。少し変わった悩みにクスッとしつつ、親近感を感じるキャラクターです。

ガールズノート 1 (ヤングジャンプコミックス)

作者:KUJIRA
出版社:集英社
出版日:2015年03月19日

普段な真面目に会社で仕事をするサユリは、同僚の男性を「オカズ」にしつつも、申し訳ないという気持ちも持っています。しかし、どうしても頭の中は彼でエッチなことを考えてしまうのです。しかも、時には姉妹でそんな妄想をしてしまうことも……?

スミレはそもそも異性との関係をあまり考えたことがないキャラ。しかしあることをきっかけに向き合うことになり、慣れていないままに大人になってしまったゆえの可愛さが存分に発揮される展開となります。

女子高生のさつきは、性に関して最もまっすぐであけっぴろげ。少しずつ出てきたカラダの変化を同級生や姉2人と比べたり、年上の彼に喜んでもらえる下着を見つけるために同級生の下着師匠?とアツい議論をかわしたり……。クスッと笑えるポイントをつくってくれる、本作では欠かせないキャラです。

『ガールズノート』の魅力2:自分の本当の気持ちに気付く3姉妹

3姉妹は、性の悩みを通して、しだいに自分の気持ちに気付き始めます。

たとえば次女のスミレは、「なぜ男性が、胸が好きなのか」いまいち分かっていませんでした。その理由を知るために、彼女は「揉まれるより揉んでみたい」と思っていたのです。

ガールズノート 2 (ヤングジャンプコミックス)

作者:KUJIRA
出版社:集英社
出版日:2015年10月19日

そんなある日、ひょんなことをきっかけにゲームセンターの後輩の胸を揉む機会が訪れました。初めての感触に驚きつつも、彼女はあることに気付きました。そして今度は揉まれる側になってみようと思い……?

悩みに奔走されながらも、それぞれの経験や体つきゆえのストーリーがあり、どんどん物語に引き込まれていきます。下のボタンからダウンロードできるスマホアプリから読むこともできるので、そちらもどうぞ。