防衛相、沖縄知事と会談

辺野古移設巡り平行線

©一般社団法人共同通信社

沖縄県庁を訪れ、玉城デニー知事(右)と会談する河野防衛相=29日午後

 河野太郎防衛相は29日、沖縄県の玉城デニー知事と県庁で会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設の早期実現に向け、作業を進める政府方針に理解を求めた。玉城氏は移設反対を重ねて表明し、平行線に終わった。防衛相就任後、河野氏が沖縄を訪問するのは初めて。

 河野氏は「普天間飛行場を全面返還する方策として移設を一日も早く実現しなければいけない」と強調。同時に「北東アジアの安全保障環境がいかに厳しいかを県民や国民に理解いただく努力をもう少し考えないといけない」と述べた。

 玉城氏は「埋め立て反対という県民の民意は揺るぎない」などと訴えた。