鹿島をACLで沈めたタリスカ、「日本チームは大好き」と惚れ込む

©株式会社コリー

AFCチャンピオンズリーグ準決勝で浦和レッズと対戦することが決まった広州恒大。準々決勝では鹿島アントラーズを撃破している。

その鹿島戦で価値あるアウェイゴールを決めたのは、ブラジル人MFアンデルソン・タリスカ。かつてモウリーニョも絶賛したほどの才能を持つレフティだ(以下動画29秒から~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

そんなタリスカはJリーグチームのプレーに惚れ込んでいるとか。『afc.com』によれば、こう述べたそう。

アンデルソン・タリスカ

「日本のチームは技術的にとてもいいね。

彼らはボールを保持して、より多くのボールタッチをしたがる。

彼らのプレースタイルは本当に好きだよ。ヨーロッパのチームと非常に似ている。

でも、それと当時に中国サッカーにも独自のスタイルがあるし、日本サッカーにも固有のスタイルがある。

2つの異なるサッカーさ」

中国よりも日本サッカーのほうが好みなのだろうか。今後、Jリーグへの移籍もあるかも?