茨城国体 県勢2人3位 在本(空手)と金沢(レスリング)

©株式会社岩手日報社

㊧成年男子フリースタイル125キロ級準々決勝 片足タックルで相手を場外に押し出す金沢勝利(右、自衛隊)=アダストリアみとアリーナ、㊨成年男子形3位決定戦 気迫のこもったガンカクを披露する在本幸司(ツクバ精密)=牛久市運動公園体育館

 【茨城国体取材班】第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第2日は29日、茨城県内で19競技が行われ、本県は空手成年男子形の在本(ありもと)幸司(ツクバ精密)が準決勝で敗れたものの3位決定戦は勝利した。レスリング成年男子フリースタイル125キロ級の金沢勝利(自衛隊)は準決勝で痛めていた左膝の影響で棄権して3位になった。

 なぎなたの少年演技は一戸高の高村麗羽(うるは)・佐藤遥海(はるみ)(ともに3年)組が4位入賞を果たした。トライアスロンは成年男子の寺沢光介(SUNNY FISH)が7位に入った。ホッケーは成年女子、少年女子がともに1回戦を突破し、8強入りした。