夫婦別姓訴訟、請求退ける

弁護士が敗訴、東京地裁

©一般社団法人共同通信社

 夫婦が同じ姓を名乗ると定めた民法の規定は「法の下の平等」を保障する憲法に違反しているとして、東京弁護士会の出口裕規弁護士と妻が国に計10円の慰謝料支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁(品田幸男裁判長)は30日、請求を棄却した。

 夫婦別姓を巡る訴訟では、最高裁大法廷が2015年12月、民法の規定に男女の不平等はなく、家族が同じ姓を名乗るのは日本社会に定着しているとして「合憲」の判断を示している。