「仮面ライダーゼロワン」と体操・谷川航&翔兄弟がコラボ!

©株式会社東京ニュース通信社

東京オリンピック前としては最後の体操世界一決定戦となる「世界体操」が、10月8日から13日の日程でドイツ・シュツットガルトで開催されるが、その大会を前に、男子日本代表の中心メンバーでもある谷川航選手、谷川翔選手の“谷川兄弟”が、テレビ朝日系で放送中の「仮面ライダーゼロワン」(日曜午前9:00)とPR映像でコラボ共演する。

撮影は、渡辺淳アクション監督など仮面ライダーのテレビシリーズを実際に撮影しているキャストとスタッフ陣が全面協力し、本格的な特撮映像と谷川兄弟の演技がコラボするレベルの高い映像に仕上がった。ゆかを舞台に3人が共演するシーンでは、谷川兄弟が高い身体能力を披露しているが、実は谷川兄弟は、幼少期にアクションクラブに所属し、子役としてテレビやCMの出演経験があるのだという。その経歴を生かし、本番でも堂々とゼロワンと渡り合い、3人でピタリと着地のポーズを決めた。さらに、翔選手はゼロワンが敵と戦う横で、得意のあん馬の旋回技「開脚旋回」で向かってくる戦闘員を蹴散らすというアクションシーンにも挑戦した。

撮影終了後、航選手は「体操を小さい子どもたちからお年寄りまで、幅広い世代の方に楽しんでもらいたい、広めたいという気持ちがあるので、今回は子どもたちにも見てもらって、こういう選手になりたいと思ってもらえたらうれしいです」と述べ、翔選手は「お子さんたちは多分僕や兄のことをあまり知らないと思いますが、仮面ライダーゼロワンと共演した映像を見て『あのお兄ちゃん、カッコ良かった』と思って応援してくれたらうれしいですね」と、しっかり体操競技の広報活動も行った。

そして、AIロボット=ヒューマギアをハッキングして凶暴化させ、人類滅亡をたくらむテロリスト・滅亡迅雷.netと戦う「仮面ライダーゼロワン」の10月6日放送・第6話「アナタの声が聞きたい」に、アニメ制作現場で活躍する声優型ヒューマギア役として「プリキュアシリーズ」などで活躍した人気声優の美山加恋と伊瀬茉莉也が出演する。美山は声優型ヒューマギア・香菜澤セイネ役、伊瀬は劇中に登場するアニメ作品「パフューマン剣(つるぎ)」の主人公・パフューマンの声優役として登場する。「『プリキュアシリーズ』に出演していた時、アフレコでスタジオに向かう途中で仮面ライダーチームの撮影を見かけたり、夏休みのショーで隣になったり何かと縁があった」という美山は「いつかかかわれたらすごいなぁと思っていました! 実現できてとてもうれしかったです!」と大喜び。また、伊瀬は「声優である私が『仮面ライダーゼロワン』に顔出し出演…想像もしていませんでした! ある意味、普段の私…(笑)をぜひご覧ください!」とアピールしている。