「浮気しやすい男女」の特徴

©株式会社マイナビ

何をもって「浮気」と考えるかは人それぞれですが、既婚者と肉体関係を持つのが定義となる不倫とちがうのは、「相手が独身・既婚に関係なくパートナー以外の異性と親しくなること」。

ですが、どちらも許されないのは同じです。

浮気を繰り返す人をパートナーにしても、幸せなお付き合いはできませんよね。

浮気と不倫はどうちがうのか、また浮気しやすい男女にはどんな特徴があるのか、恋愛コラムライターのひろたかおりがお話しします。

■浮気の意味とは?

恋愛でいう「浮気」には、

・特定のパートナーがいながらほかの異性に関心を移すこと・実際に肉体的な接触を持つこと

など、「未婚・既婚にかかわらずその人以外の異性に目を向けること」がまず挙げられます。

本来なら、特定のパートナーがいるならその人だけに愛情を持つのが正しいあり方ですが、浮気は「別の異性に興味を持ってもパートナーとは別れないまま」であることが問題です。

「どこからが浮気なのか」は多くの人が悩みますが、“これで浮気確定”とはっきりいえるのはセックスがあるときで、それ以外では「彼女以外の女性と手をつないだら浮気」「彼氏以外の男性と2人きりで食事をするのは浮気」など、線の引き方は本当に人それぞれ。

ですが、どんな場合でも「パートナー以外の異性とのかかわり方」に不快感を持つのが浮気の基本になります。

たとえパートナー自身は浮気のつもりでないとしても、相手がそれを認められないとき、浮気と呼ぶのですね。

また、ささいなことでも「浮気した!」ととらえてしまうのが、信頼関係のできていないカップルの場合。

自分以外の異性の登場が気に入らない、別の異性に心を奪われるのが心配など、パートナーを信用していない2人の間では、第三者がいるだけでケンカの種になることがあります。

浮気は、恋人と関係を続けながらほかの異性にも関心を向け、積極的に接触を持とうとするのがはじまりです。

うしろめたいことをしている自覚がある人ほどこそこそと動き、嘘をついたり言いくるめたり、自分の都合よくパートナーを存在させようとします。

この誠意のない行動が、責められても当然といえますね。

■浮気と不倫はどうちがうの?

パートナーがいながら別の異性と関係を持つ意味では、浮気のなかに不倫もあります。

浮気と不倫では

・浮気:当事者は未婚・既婚を問わない・不倫:当事者の一方が既婚、もしくは両方が既婚である

ことが大きなちがいです。

また、不倫の定義ははっきりしていて「配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと(不貞行為をはたらくこと)」と法律で定められています。

キスやハグだけではまだ曖昧なところもありますが、セックスをするとそれは「不倫をした」ことになり、した側に責任が生まれます。

人によっては恋人以外の異性と手をつないだだけでも浮気となりますが、不倫はそれだけでは認められないのですね。

また、それによって関係が壊れたとしても、不倫とちがい離婚届の提出のような義務もありません。

法律で守られている「夫婦」という関係では、どちらかが不倫すれば、されたほうは夫婦関係を破たんさせる原因を作ったとして配偶者と不倫相手に慰謝料の請求ができます。

不倫が認められ、たとえば不倫のせいで離婚するに至ったとなれば、請求された側は支払いを拒否することは難しく、子どもがいれば養育費を払い続ける義務もあります。

忘れてはいけないのは、浮気も不倫も「パートナーを苦しめる」点では責任の重さは変わらないということです。

愛情を持ってお付き合いすると認めたのなら、2人の関係にきちんと向き合うこと、そして別の異性を好きになったのなら今の関係を解消してから次に進むことが、人として誠意ある対応。

「結婚しているわけじゃないし、浮気したって平気だろう」と軽い気持ちで行動を起こすのはまちがっていると心得ましょう。

■浮気しやすい男性の特徴

それでは、浮気しやすい男性にはどんな特徴があるのでしょうか。

◇(1)交友関係が派手

浮気しやすい男性の大きな特徴として、交友関係が派手なことが挙げられます。

友人が多い、顔が広いなど、たくさんのつながりを持っていればそれだけ出会う人の数も多くなり、彼女より魅力的な女性を知る可能性も高くなります。

また、友だち付き合いが派手だとしても同性ならまだいいですが、男友だちより女友だちと頻繁に会っていたり、元カノといつまでも親しかったりするなど、女性関係にだらしなさが見えるのも浮気に走るきっかけが多いといえます。

◇(2)フットワークが軽い

特定の恋人がいながら別の異性とも関係を持つことは、フットワークが軽くないとできません。

恋人と過ごしていても、浮気相手から会いたいと連絡が来れば飛んでいくという男性もいるでしょう。

仲間とのドライブや飲み会なども積極的に参加するのでそのぶん誘われることも多くなり、女性と出会う確率も高くなります。

フットワークが軽いということは、自分の顔を売る機会を探しているともいえますね。

◇(3)常にスマホを手放さない

何をするにも片手にはスマホ、常に通知を気にして連絡がくればすぐに返信していることも、浮気しやすい男性の特徴。

女性の関心を逃したくないので即レスは基本、恋人といるときでも「仕事のことで連絡がくるから」などと嘘をついてスマホを手放しません。

また、スマホには浮気の証拠が詰まっています。

それらを人に見られたくないので肌身放さず持ち歩いていることもあり、極端にスマホに触られるのを嫌がるような場合は要注意です。

■浮気しやすい女性の特徴

浮気しやすい男性には「派手な人間関係のなかで女性との接触を増やす」点が目立ちますが、それでは浮気しやすい女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

◇(1)寂しがり屋

彼氏ができると、いつも一緒にいたがったり束縛したり、寂しがり屋な女性は彼氏が相手をしてくれなくなると浮気に走る傾向があります。

寂しがり屋な女性は依存心が強く、常に誰かとつながっていたいと思うので、寂しさを満たしてくれるなら彼氏以外の男性でもいいと思ってしまうのですね。

愛してくれる人を求める気持ちの強い女性は、浮気する可能性が高いといえます。

◇(2)フットワークが軽い

男性と同じく、気が向く場所にはどんどん足を向ける女性も、出会いが多いぶん男性と知り合う機会が多くなります。

特に、飲み会など「女性が喜ばれる場」や「男性が多くいる場」に積極的に出向いていく女性は、自分のアピールを欠かさないもの。

好みの男性と気が合えば、それからも都合が合えばすぐに会いに行く行動力にもあらわれます。

◇(3)飽きっぽい

ほしいものを手に入れてもすぐに興味をなくしてしまうような飽きっぽい面があるのも、浮気しやすい女性の特徴です。

恋愛でも常に新しい刺激を求めるので、彼氏とのお付き合いが長くなりマンネリを感じると別の男性に目が向きます。

彼氏を嫌いになったわけではないけれど、「つまみ食い」を楽しみたくなるのですね。

趣味でも何でも興味の対象がよく変わる女性は、男性とお付き合いするときもその場の勢いで、ということが少なくありません。

■浮気は許されるものではないと心得る

浮気であれ不倫であれ、パートナーを裏切ることに変わりはありません。

結婚していないカップルなら確かに関係は自由に結べますが、筋の通らないつながりで幸せになれることはなく、パートナーだけでなく浮気相手まで深く傷つける結果もよく目にします。

浮気は人によって線引きが変わるからこそ、安易にパートナー以外の異性と接触を持つのは控えるのが誠実な付き合い方です。

堂々と胸を張れないような関係を選ぶのは、何より自分をないがしろにするのと同じ。

誠意を持ってパートナーと向き合い続けることを、忘れずにいたいですね。

(ひろたかおり)

※画像はイメージです