25年の現役生活を送った川口能活を支えた”あるもの”とは!?

©株式会社愛幸

川口能活さんが現役時代、支えられた”あるもの”とはいったいなんだったのでしょうか?

1994年〜2018年まで25年もの間、ゴールマウスを守り続けた日本が誇る守護神「川口能活」さん。誰よりも熱いハートを持ち、後ろから味方を鼓舞。円熟期になると経験を活かしたプレーでチームを落ち着かせ、さらにはビッグセーブを連発。現役時代、常に高パフォーマンスを支持し続けたプロフェッショナルさは誰もがお手本とする存在でした。しかし、順風満帆ではなかった現役時代。そんな川口さんを支えていた”あるもの”とはいったなんだったのでしょうか!?

川口能活さんを支えていたあるものとはいったい!?

2017年11月3日にスポーツクロスに出演していた川口さん。今回のスポーツクロスは総集編という形で過去の放送を振り返る回でした。そこに再び登場し、現役時代を支えたあるものがクローズアップ。川口さんの25年間の現役生活を支えたのは、「サッカーが好き」、「サッカーをやることが生きがい」という気持ちでした。現役生活を長く続けるためには身体のケアとメンタルが重要だと改めて感じた瞬間でした。