和歌山知事、処理水放出に言及

「現地で浄化して流すべき」

©一般社団法人共同通信社

 仁坂吉伸和歌山県知事は1日の記者会見で、東京電力福島第1原発の放射性物質を含む処理水の扱いを巡り「(安全性を)完璧にチェックしてモニターする技術が確立していれば、ためておく必要はない」と指摘し、現地での海洋放出に言及した。

 仁坂氏は松井一郎大阪市長が大阪湾への放出の可能性に触れたことについて「原発が健全に動いていたときには、世界中の原発で生じた水は浄化して海に出していた。わざわざ(大阪湾に)持ってきて放出せずに、汚染が発生しているところで浄化して流すべきだ」と述べた。