ジャルジャル福徳、W杯シバタウに「AKBより息ぴったり」

©株式会社神戸新聞社

お笑いコンビ、ジャルジャル福徳秀介さん

 日本代表の歴史的瞬間に立ち会いましたよ! 28日のアイルランド戦、静岡まで見に行ってたんです。周りの人が「無理やろ」と言ってたんで僕もそうかな…と思ってました。でも、前半終了後に日本代表がダッシュで(ロッカーに)戻っていくのが見えて「走り勝ちしてんのかな」と。逆転トライにつながった飛ばしパスはしびれました。

 サモアの「シバタウ」(戦いの儀式)、選手の声がここまで響いてくる。みんな息ぴったり。AKBより合ってます(笑)。試合は蒸し暑さからか両者ミスが多い。スコットランドの小さなスクラムハーフが2人を吹っ飛ばしてトライ。身長176センチ? 僕とほぼ同じですね。周りがでかいから小さく見えるんか。

 高校からラグビーを始めました。バックスです。相方はあの体でまさかのロック。僕は中学までサッカーをやっていたので「ボール持って走れるなんてぜいたく」とランにはまりました。

 でも、高1の練習試合で鎖骨骨折。復帰した試合でまた鎖骨を折りました。漫才のネタにもしていますが、ほんまです(笑)。

 スコットランドのフルバックがすごい距離のドロップゴールを決めました。えげつない。まさに「森田キック」。高校時代、森田恭平君(元日本代表、現神戸製鋼コーチ)の大阪工大高(現常翔学園高)と2回、対戦しました。タックルしたときの太ももの硬さを今でも覚えてます。試合ですか? 0対109と0対130で負けました。

 サモアも最後まで諦めずに攻めましたが、退場は痛かった。試合が終われば、ノーサイド。ラグビーの良さです。僕らも、どんな賞レースでも優勝コンビを笑顔と拍手でたたえているはずです。たぶん(笑)。

 さあ、次は日本がサモアと戦う番。試合の日(5日)は僕の誕生日。僕のためにも勝ってくれ! (まとめ・山本哲志) 【福徳秀介(ふくとく・しゅうすけ)】1983年生まれ。兵庫県芦屋市出身。同市立山手中-関西大第一高-関西大。2003年、高校ラグビー部同期の後藤淳平さんとお笑いコンビ「ジャルジャル」結成。吉本興業所属。