31歳・戸田恵梨香の“朝ドラ”セーラー服に期待と不安…「声がおじさん」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

戸田恵梨香 

(C)まいじつ 

戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』が、9月30日にスタートした。戦後の滋賀県を舞台にヒロイン・川原貴美子が、女性陶芸家を目指し奮闘する姿を描く。

初回冒頭は、1200度を超える焼き物窯の炎を前に「水より薪や! もっと燃やす!」と戸田が叫ぶシーンが流れ、視聴者からは早くも「戸田恵梨香カッコいいな!」「いきなり見せるな~」など、感嘆の声が上がった。

「当初はCGで窯の炎を再現する予定でしたが、リアリティーを追求した結果、本物の窯をつくり、実際に火を焚くことが決まりました。戸田の迫真の演技は、まさに1200度の炎を前に生まれたものでしょう。1週目は子供時代が描かれるため、戸田の登場は2週目の中盤からになりますが、インパクトのあるスタートに、視聴者の期待も高まったのではないでしょうか」(エンタメ誌ライター)

まずは視聴者のハートをぐっとつかんだスタートとなったようだが、一方で匿名掲示板では、

《初回はいい感じだったけど、何で戸田恵梨香なんだろうか》
《正直、これから毎朝あの歯茎を見せられるかと思うとキツイわ》
《戸田は31歳ということもあるけど、声がおじさんぽくて受け付けない》
《安藤サクラレベルの演技力があればね。戸田は美人だけど中途半端》

など、先行きを不安視する声も散見されている。

 

幼なじみ・大島優子のセーラー服は大不評!

「戸田はもともと子役としてスタートし、2006年の映画『DEATH NOTE』ではツインテールのアイドル・弥海砂(ミサミサ)役を、07年のフジテレビドラマ『LIAR GAME』では正直者の女子大生・神崎直を演じ、その美少女ぶりが話題になりました。それから随分とたちましたが、多くの視聴者はいまだ〝美少女〟のイメージを持っていると思います。本人も30歳を超えてから、いかにビジュアルイメージから脱却するか、かなり悩んでいたようですね。もっとも最近は美貌よりも、本来の演技力が評価されるようになってきました。朝ドラのヒロインに選ばれたのも、実力が認められた結果でしょう」(同・ライター)

9月18日には戸田の幼なじみ役を演じる大島優子がインスタグラムを更新し、セーラー服姿をアップしたところ、「無理があり過ぎ!」「コスプレにしか見えない」などと、ツッコミの嵐が吹き荒れた。

戸田も今後、同じようにセーラー服姿で登場することが判明しており、今から辛らつな意見が殺到することが予想されるが、持ち前の演技力でどこまでカバーできるか注目だ。