連続テレビ小説の舞台「信楽」の魅力を発信 大阪発「滋賀・信楽のまち体験ツアー」募集開始

©株式会社共同通信社

滋賀県は、9月30日に始まったNHK連続テレビ小説「スカーレット」の放送を、滋賀県への誘客促進、県産品の振興を図る機会と捉え、「ほっと滋賀色キャンペーン」を実施している。キャンペーンの一環として、ドラマの舞台となる「信楽」を訪れ、魅力を体感できる大阪駅発の「滋賀・信楽のまち体感ツアー」を、11月10日に開催する。

ツアーは貸し切り列車「SHINOBI―TRAIN」に乗車し、近江牛のすき焼き御膳(ごぜん)や陶芸体験、信楽の町の散策など、旅を通じて滋賀・信楽を体験できる。ドラマで、大阪で働くことを決意したヒロインが、信楽に戻り、男性ばかりの陶芸の世界へ飛び込むことから、ツアーの出発地を大阪にした。旅行代金は、2019年の連続テレビ小説101作目にちなんで2120(2019+101)円と低く設定した。募集人数は180人、応募者多数の場合は抽選となる。申し込みは10月20日まで、日本旅行草津支店にファクスかメールで行う。

・日本旅行草津支店:http://www.nta.co.jp/shop/shoplist/6623/