あの美人女子アナに「退職カウントダウン」の声…画面消滅の危機か⁉

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)DK samco / Shutterstock

日本テレビの笹崎里菜アナが〝画面消滅〟の危機だと評判だ。

「裁判の末に入社しただけに〝ゴネ崎〟のアダ名もあるほど。ネットの女子アナサイトでは『退職カウントダウン』なんて心ない書き込みまで出ています」(女子アナライター)

笹崎アナは2015年の入社。女子アナの場合は入社前々年に内定通知を出されることが多く、彼女も13年9月に内定を受けたという。ところが明けて14年5月に内定が取り消しに。これを不服として東京地裁に提訴。結局、日本テレビとは〝和解〟という形で入社となった。

「銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていたことが内定取り消しの理由だとされますが、今時、キャバクラやクラブでバイトする大学生など珍しくもない。理由はもっとディープなところにあったとウワサされています」(同・ライター)

真偽の程は定かではないが、当時の一部報道によれば、日テレ側は「アナウンサーには高度の清廉性が求められる」「傷が付いたアナウンサーを使える番組はない」などと主張したという。

「表沙汰になったら、局としてとても対応できない。そんな理由があって取り消しにしたといいます。それに関する意味深な写真も出回りました。とはいえ、ちゃんと入社も果たしたし、学生時代の〝過ち〟など誰にでもあるものです」(業界関係者)

 

レギュラーは減る一方

ただ、そんな大モメの入社だっただけに、入社後の仕事はパッとしない。

「ナレーションやコーナー司会ばかり。彼女メインの人気番組は1つもありません。入社はさせても使いたくないというのがミエミエで、かわいそうなくらいです」(同・関係者)

現在、出番は早朝4時からの『Oha!4 NEWS LIVE(おはよん)』くらいなもの。

「おはよんは出世番組の逆をいく〝窓際番組〟の評判もあります。フリーアナが主体で、局アナが出るときは短期か、そのまま終点。元局アナで問題のあった現フリーのMやSも、おはよんの後に辞めています」(前出の女子アナライター)

しかも、笹崎アナの現況は芳しくない。

「9月まで週2日だったのが、9月30日の改編から月曜日の1日に減らされた。他にレギュラーは増えていません。局としては入社させたし、『もうそろそろ』の考えじゃないですか。OLですし、辞めなければ部署異動の手もある。ネット上でも〝追い出し〟を予想する声しきりです」(テレビ雑誌編集者)

何はともあれ、局アナになれただけで幸せなのかもしれない。

 

【画像】

DK samco / Shutterstock