西武が紅白戦、ニールが3回無失点の好投 秋山、山川、森ら主力野手も出場

©株式会社Creative2

紅白戦に登板した西武のザック・ニール【写真:安藤かなみ】

辻監督、順調な調整ぶりに手ごたえ「大丈夫でしょう」

 西武は2日、メットライフドームで紅白戦を行った。試合は1軍対2軍の10イニング制で行われ、1軍先発のニールが3回無失点の好投。小野投手コーチは「今の時期は投げられることが大事」と話した。

 秋山、山川、森ら主力がそろってスタメン出場し、3打席を目安にバッティングの状態を確認。辻監督は「今日は実戦感覚だから。大丈夫でしょう」とナインの順調な調整に頷いた。

 9日に開幕するクライマックスシリーズファイナルステージで先発が予想される今井、十亀も登板し、それぞれ2回無失点で降板。第1戦の先発には今季12勝を挙げた勝ち頭のニールが先発し、第2戦にはチーム最多の135回1/3を投げキャリアハイの7勝をマークした今井が先発する。ファーストステージでソフトバンクが勝ちあがってきた場合は相性のいい十亀が第3戦に先発する見込みで、左腕・榎田がロングリリーフ要員として中継ぎ待機する。

 紅白戦は3日も行われる。対戦の可能性があるソフトバンク・高橋礼を想定し、2軍からはアンダーハンドの與座が登板する見込みとなっている。(安藤かなみ / Kanami Ando)