1億円超受領、スーツ券や金貨も 関電、金品受領問題、辞任は否定

©一般社団法人共同通信社

関西電力の役員ら20人が福井県高浜町の元助役から金品を受領していた問題で、岩根茂樹社長は2日午後、大阪市で再び記者会見した。八木誠会長も同席。1億円以上の金品を受領した豊松秀己元副社長が、報酬月額2割を2カ月返上した社内処分を公表。最も多く受け取った鈴木聡常務執行役員は厳重注意にとどめていた。八木氏は報酬の2割を2カ月、岩根氏は2割を1カ月それぞれ返上した。