似ているようで似ていない「双子」の星

©株式会社sorae

画像の左右にある2つの明るい光はふたご座の星「ポルックス」(左)と「カストル」(右)です。美しい天体画像というと渦巻き銀河を思い出しますが、そうした画像にある1つ1つの光の点はおもにこのような「恒星」(みずから光り輝く天体)でできています。

ふたご座のこの2つの星は非常に明るいためよく目立ち、観察するときの方角や明るさの点でお互いによく似ています。しかし左のポルックスは黄色か少し赤みがかった色で、右のカストルは青白い色と、かなり異なっています。「双子」とは言うものの、星の年齢や種類が異なり、このような違いが生まれているのです。

ポルックスは地球から33光年の距離にあります。長い年月を経て「赤色巨星」と呼ばれるタイプになっており、太陽の2倍の重さ(質量)を持っています。一方のカストルは51光年の距離で、「主系列星」というタイプです。太陽も主系列星の1つですが、カストルは太陽の2.7倍の重さがあります。違いは色や星のタイプだけではありません。カストルは少なくても2つの「伴星」が存在し、万有引力で引き合ってお互いの周りを回っていることが知られています。一方でポルックスには重たい惑星が少なくても1つ存在することがわかっています。星空は一見すると同じような星々が光っているように見えますが、色や重さ、さらには惑星の有無など、実はバラエティに富んでいることがわかります。

ふたご座については古代バビロニア、ギリシャ、そしてローマ神話において、カストルとポルックスが双子の兄弟を表しているとされています。天文学的にはまるで違う「双子」ですが、肉眼でも観察することができ、12月にはふたご座流星群として同じ方角に流れ星を見ることができるかもしれません。寒い季節ですが、流星群とともに双子の色の違いにもぜひ注目してみてください。

Image Credit & Copyright: Rogelio Bernal Andreo (Deep Sky Colors)
Source: NASA
文/北越康敬