日ハム栗山監督が9年目へ、DeNAは3選手が引退、巨人は3コーチが退任…各球団発表、2日の去就は?

©株式会社Creative2

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

日本ハムは今季65勝73敗5分け、勝率.471で5位に低迷

 日本ハムは2日、栗山英樹監督と2020年シーズン終了まで契約を1年延長することに合意したと発表した。チームは今季は65勝73敗5分け、勝率.471で5位に低迷したが、球団は就任8年間でリーグ優勝2回、Aクラス5回の高い実績を評価。来季で就任9年目となり、連続在任年数では球団では大沢啓二氏を抜いて最長となる。

 DeNAは水野滉也投手、中川大志内野手、青柳昴樹外野手が今季限りで現役引退を表明したことを発表。3選手は1日に戦力外通告を受けていた。

 巨人は内田順三巡回打撃コーチ、木村龍治ファームトレーニングコーチ、秦真司ファームバッテリー兼打撃コーチが退任すると発表した。
 

■セ・リーグ
【巨人】
内田順三巡回打撃コーチ 退任
木村龍治ファームトレーニングコーチ 退任
秦真司ファームバッテリー兼打撃コーチ 退任

【DeNA】
水野滉也投手 現役引退
中川大志内野手 現役引退
青柳昴樹外野手 現役引退

■パ・リーグ

【日本ハム】
栗山英樹監督 2020年シーズン終了まで契約を1年延長(Full-Count編集部)