10/5から「南入曽車両基地開設50周年」記念ヘッドマーク付き電車が走ります 親子で楽しめるイベントも開催――西武鉄道

©株式会社エキスプレス

画像:西武鉄道

西武鉄道株式会社は1969年10月1日に開設した南入曽車両基地が今年で開設50周年を迎えることを記念し、10月5日(土)から「南入曽車両基地開設50周年記念ヘッドマーク(シール)付電車」を運行します。

ヘッドマークを付けるのは2000系車両8両編成(2007編成)、新宿線・拝島線を2020年3月31日(火)まで運行予定。

南入曽車両基地は西武鉄道で唯一検査ピット線に4本の車両が並ぶ車両基地であることから、ヘッドマークのデザインもこれを踏襲したものとなっています。

また10月5日(土)には新宿線南入曽車両基地において、普段は見ることのできない車両基地を一般公開する「西武トレインフェスティバル2019 in 南入曽車両基地」を開催。これにあわせて新所沢駅~会場間で臨時電車を運行します。

往路:新所沢駅→南入曽車両基地行臨時電車 ★がヘッドマーク付き電車、赤字は南入曽車両基地でのプレゼント配布対象電車 画像:西武鉄道
復路:南入曽車両基地→新所沢駅行 9本中4本がヘッドマーク付き

ヘッドマーク付きの電車に乗って車両基地の見学も出来るのは良いですね。イベントではLaviewなどの車両を展示するほか、電車との綱引きや記念グッズの販売などもあるようです。参加は無料。

ヘッドマーク付き電車だけを見たい場合は、西武線アプリの「列車走行位置」で現在の場所を調べるのが手っ取り早いかもしれません。

鉄道チャンネル編集部